東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

俺がネットが止められないたった1つの理由

f:id:kailagi:20180312185505p:image 

 

    ついついしすぎてしまうネット。SNSまとめサイト、ニュース、ブログ、ゲーム、動画、漫画、小説……。なぜ俺は、というか人はネットをしすぎてしまうのか、それについてネットで色々と調べてみた。
 
 そうすると同じような疑問を持った人はたくさんいて、それぞれ「なぜネットが止められないのか」について考察していた。それらの意見を色々見て、俺が一番しっくりきたのはこれだった。

 

 


「自分の知らないところで面白いことが起きているのを見逃したくない」

 

 


 俺が日常の時間を割いてまでネットをしている理由というのは、今まで漠然としていて、ただ暇つぶしというか、楽しいからくらいにしか考えていなかったけど、上記のことを言われてみると腑に落ちた。


 毎日定期的にニュースを見たり、まとめサイトを見たりしているのも、世間で起きている話題の出来事、面白い出来事を見逃すまいという気持ちからだろうし、Youtubeとかニコニコ漫画とかを見てしまうのも玉石混合の中から自分にピッタリくる面白いネタを見つけようとしているのだろう。


 ネットへは24時間365日アクセスできる。そしてネットにアクセスすれば自分の知らない面白い情報がいくらでもある。そして俺はその面白い情報を見逃したくない、可能な限り全部知っておきたい。そんな欲張りな気持ちから今日も俺はネットサーフィンをしてしまうのだ。


 ただ悲しきかな、社会はそれを依存症と呼ぶのだろう……。


 しかし俺がネットを止めたところで何をするだろうか? 読書や映画やゲームとかに流れるだけだろうな。いきなりフットサルやスキーを始めるようにも思えないし、街に繰り出して飲み歩いたりナンパをし出すようにも思えない。なんとなくしていたネットをなんとなく止めたところで、また新しい暇つぶしをなんとなく始めるだけで、根本的に人生が変わるわけじゃ無いんだよな、きっと。


 またネットが24時間365日つながるっていうのも依存症患者を生み出しやすい。酒やタバコやパチンコ依存者が多いのも毎日手軽に入手できるからだ。もしネットが週2日しかできなかったら依存しようが無い。いつでもどこでも気軽に出来るって言うのも考え物だ。