東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

電車の中で漫画村読んでいる人が気に入らない

f:id:kailagi:20180317001651j:image


 最近話題のサイト「漫画村」。様々な漫画が無料で見れる画期的なサイトなのだが、その現実は法律の抜け穴を付いたかなりグレーなサイトらしい。


 日本の法律では「漫画をネットにアップすること」は違法だが、「ネットにアップされた漫画を読むこと」は違法でない。つまりユーザ目線で言うと、漫画村に投稿された漫画を読むことは違法では無いことになる(ネットで画像検索して閲覧することに違法性が無いことと同様の理屈)。


 いや、しかし、モラルの問題である。漫画家が多大な時間と労力をかけて描いた漫画をお金を払わず無料で読むなんて失礼である。かと言って今まで漫画村で無料で漫画を読んでいた人が、「今日から漫画村は閉鎖されたので漫画はお金を払って買って読んでください」となったところでお金を出すようになるだろうか。結局何か別の無料の娯楽に流れるだけのような気がする。


 つまり漫画村を読んでいる人はそこまで漫画が好きな人では無い。漫画好きならお金を払って買うからだ。「無料なら読むか」くらい気持ちの人が漫画村で読んでいるのであって、漫画村が使えなくなったら「金払わないと漫画読めないなら読まないわ」と言って漫画から去って行くと思う。


■電車の中で漫画村読んでいるヤツさぁ……


 俺は日々の通勤電車の中で漫画を読んでいる。鞄の中にKindleOasisを仕込み、スーツの胸ポケットの中に漫画文庫を忍ばせ、隙あらば漫画を読んで辛い仕事から現実逃避をしているのだ。


 電車内でふと周りを見渡してみると、スマホをいじっている人が多い。そして最近はスマホで漫画を読んでいる人も見られる。そしてそのスマホ画面をよく見てみると「漫画村」の文字。

 

 


「こいつ、電車内で堂々と漫画村読んでやがる……!」

 

 


 百歩譲って漫画村を見るのは良い、でも電車内で堂々と見るなよ、せめて家の中で、誰にも見られないところでコッソリと見てくれ、漫画村はな実質違法サイトなんだよ、本来なら公の場で何食わぬ顔で開いていいサイトじゃ無いんだよ、自宅で、心の中に少し罪悪感を感じながら、コソコソ隠れて見るものなんだよ、間違っても電車の中で他の乗客の目に付く場所で見るサイトじゃないし、現実世界で話題にしていいサイトでも無いんだよ、それを分かって欲しい。


 ああいうサイトは見るにしてもコッソリ見るものなんだよな。人前で堂々と見ている人がいると、よくそんな恥ずかしいことが人前で出来るなという気持ちになる。中学生くらいの人ならまだしも大の大人が見ていたりするから驚愕する。お前絶対稼いでるだろ、漫画くらい買えよ!


 俺は漫画村否定派だ。現に漫画村もあんまり見ていないし。