東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

外でブログを書くときに落ち着く場所がついに見つかった

f:id:kailagi:20180329122008p:plain

 

ノマドごっこでもするか」


 いつもは家でブログを書いているのだが、たまには気分転換に外で書こうと思うこともある。俺はそれをノマドごっこと呼んでいるのだが、それはまぁいい。大抵ノートPCかポメラをリュックサックに入れて外出し、ファストフード店やコーヒーチェーン店に行くことが多い。


 しかしそういう店は客が多い! 特に休日の新宿駅周辺はとにかく人だらけ。ちょっとカフェに入って一休みしつつブログでも書こうかな、なんて行こうものなら、そのカフェはほぼ必ず行列ができている。フォトジェニックなスイーツを出すカフェじゃないぞ、日本全国どこにでもあるチェーン店だ。それが大行列だ。その行列に並んで何十分かかけて入店しても店内は満席だ。隣の客と肩が触れ合うんじゃないかというくらい密集した座席だと、とてもノートPCを取り出して文章を書こうという気が起きない。


 そこそこ空いているカフェだったとしても座席によっては集中できないときもある。自分の後ろを頻繁に人が通る座席だと、自分が書いている文章を誰とも分からぬ者に見られ放題だということが恥ずかしくて集中できない。


 この前たまたま行った中野坂上駅近くのドトールが休日でも空いていていいなと思ったんだけど、じゃあわざわざブログを書くために電車乗って中野坂上まで行くのかって言うとめんどくさい。それにいつでも空いているとは限らないし。


 街中にあって行きやすく、いつ行っても人が少なくて、落ち着けて、安いカフェは無いものかと探していたんだけど、それがなかなかない……いや、これが、見つけてしまったのだ。


 それが「ネットカフェ」である。


 ネットカフェは1時間数百円、3時間1000円、8時間でも2000円くらいで過ごせる。大きな駅周辺ならだいたいあるのでアクセス抜群で、個室なので落ち着いて作業に集中できると、まさに俺の理想を実現化した空間だった。それにパソコンがあるから、わざわざノートPCを持ち運ばなくていい。


 お金を払って場所を借りており、制限時間があるので、ブログを書くのも集中できていいんじゃないかと思う。ドリンクは飲み放題だし、休憩に漫画も豊富。カフェでコーヒー1杯数百円払って狭くて人で溢れた店内で作業するよりもいいんじゃないかと思った。


 もし友達と出かけていてちょっと一休みしようというときも、カフェが人で溢れていたときはネットカフェがおすすめだ。安くて落ち着ける。


 しかし一般的なカフェと比べてネットカフェはなんであんなに安いんだろう。儲けはどうやって出ているんだろうか。ちょっとネカフェの実態が気になってきた。