東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

【将棋実戦譜①】先手矢倉vs後手アヒル戦法

以前将棋の戦法の一つである「アヒル戦法」について紹介した。

 

kailagi.hatenablog.com

 

 以前までを研究編としたら、今回の記事は実践編ということで、オンライン将棋サイト「将棋クエスト」で対局した棋譜を紹介する。

 

棋譜が見やすいように「将棋アイオー」というサイトに投稿してみた。この「将棋アイオー」は「ぴよ将棋」というスマホアプリと連携しており、将棋ウォーズや将棋クエストで指した棋譜の読み込みやソフトによる棋譜解析が行える。無料なので、将棋ファンなら入れておいて損はない。

 

↓実戦譜は以下のリンクから

shogi.io

 

今回の対局の工夫点として、「アヒル囲いを組む」→「石田流に組み替える」→「手詰まりの時に陣形を組み替えて手待ちする」という流れを意識してみた。

 

 

f:id:kailagi:20180512111350p:plain

ヒル囲いを作り

 

 

f:id:kailagi:20180512111423p:plain

石田流に組み換え

 

 

f:id:kailagi:20180512111438p:plain

陣形を組み替えて手待ちする。

 

石田流に組んだ後に、アヒル囲いから金美濃に組み替えて手待ちする構想を研究したことがあり、実戦で試してみた。

 

この後相手にミスが出て、勝利することができた。相手に正確に指されていたらヤバかった…。まぁラッキーだったと思っておこう(反省)。