東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

【転職活動】履歴書はPC作成、面接はSkypeの時代なのか…

先日記事を書いたのだが、今僕は転職活動をしている。

 

kailagi.hatenablog.com

 

現在募集している企業へ履歴書・職務経歴書を送ったり、面接を受けたりなどで選考を進めている。その時に驚いたことがあったので、書くことにする。

 

目次

 

履歴書はPC作成なんですか!?

僕はあるIT系の会社に応募したのだが、その時相手から「履歴書・職務経歴書はメールで送付すること」と指定を受けた。

 

「メールで送付すること」ということは当然ながら「書類はPCで作成し、そのデータを送ってくれ」ということだ(まさか手書きの書類をスキャンして送ってくれということはあるまい)。

 

僕が大学生の時に就活で受けた企業は「履歴書は手書きで作成すること」「履歴書は郵送で送ること」などの条件ばかりの会社だったので、めんどくさいと思いつつも何枚も履歴書を手書きした記憶がある。

 

履歴書を手書きするのって相当めんどくさいんだよね。一文字でも書き間違えたら最初から書き直しだし、一枚書くのにめちゃくちゃ時間がかかる。複数社に送る場合は内容がほぼ一緒なのに一から何枚も何枚も書いて書いて…。どうせ入社したら書類はほぼ全てPC作成なのになんで手書きさせるかな? と当時は思っていた。

 

今回受けた会社は最初から「書類はデータで作成してくれ」というような指示だったので、僕は初めてPCで履歴書を作成したんだけど、これがまぁめちゃくちゃ便利!

 

書き直しがいくらでも効くし、キーボード入力のほうが早いし、履歴書の項目やレイアウト、文字サイズも自由に変えられるので、自分の書きたいような履歴書が簡単に書けてしまう! なんで今まで手書きで履歴書を書かせた!? 

 

職務経歴書もネットで見つけた雛形を参考に自分で書きやすいように項目などを書き換えながら書いた。もし手書きで書いていたら途中で手が疲れてダレてくるか、書き間違えて心が折れてしまうかだったと思う。

 

新卒・中途採用に関わらず、企業は履歴書をPC作成させるべきだ。PC作成したほうがキレイだし、応募者の負担も少ないし、企業側としても紛失することがない。絶対にPC作成にしたほうがメリットが大きい。どうせ入社したら手書きでプレゼン資料を作ることなんてありえないんだから。

 

ちなみに履歴書・職務経歴書MacのPages(MSofficeで言うwordのようなソフト)で作成した後PDF化したものを企業に提出した。

 

面接はSkypeだって!?

僕が大学生の時、就活の面接と言えば「相手先の企業に直接出向き、面接官と対面して面接」が当たり前だった。

 

だがどうだろう? 今回僕が受けたある会社では「面接はSkypeで行います」とのことだった。

 

衝撃である。

 

確かにSkypeでやった方が時間的・金銭的・肉体的にも負担が小さい。時間になったら自宅でPCの前に座っていればもう面接開始である。

 

f:id:kailagi:20180609223432p:plain

未来ずら〜!!!

(アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」から国木田花丸

 

すごい時代になったもんだ。僕が就活市場から数年離れている間に世の中はどんどん進化していっていたんだなぁ。

 

僕が大学生の頃はSkypeで面接するなんて、そんな発想すらなかった。

 

最後に

そんな感じで昨今の就活事情に衝撃を受けつつ、転職活動をやっています(まだ内定は0)。

 

続報などあったらまた報告したいと思います。