東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

超個人的ブログを続けるコツ

f:id:kailagi:20180527120926p:plain

 

ある平日の朝、いつもより早く起きれたので、出社前に会社近くのマクドナルドでアイスコーヒーでも飲みながらブログを書こうかと思い、少し早く家を出た。

 

ここ最近はブログを毎日更新しなくなり、気の向いた時だけ書いている。2018年7月は平均すると3日に1記事ペースくらいの更新頻度だ。

 

仕事を終えて、家に帰って、食事や風呂や家事などを済ませて……とするとブログの更新が面倒臭くなって、このところ後回しにしがちだ。

 

と言うこともあり、それならば「朝の30分で書く!」という環境を作れば捗るのではないかと思い、冒頭に戻る。

 

しかしいざマクドナルドに着いてみれば、暑さで汗が止まらないし、満員電車で既に疲れてるしで、もうブログを書こうなんて気が起きない。

 

それでもせっかく早起きしたんだから何か書こうと思って、こんな「早起きしたけど暑くてブログ書く気しない」なんてことを書いている。これなら別に早起きしなくてもよかったんじゃないか?    やっぱりブログは家で書くに限るかもしれない。

 

 

 

僕がブログを継続的に書き始めたのは2018年の2月末からだから、ブログを書き始めてだいたい半年が経った。最初の頃はブログ熱も高くてほぼ毎日更新していたけど、今ではそれも落ち着いてきた。

 

ネットでブログについてアレコレ調べてみると、ブログは続かなくなる人が多いらしい。その中で僕は半年以上継続して、累計100記事以上書いているのだから、なかなか立派なものではないだろうか?(自画自賛

 

ブログを続けるために大切な考え方は、「ブログを続けようと思わないこと」だと個人的には思っている。

 

ブログを続けようと思うと、きっと何か目標を設定してしまうだろう。「毎日1記事以上更新する」とか「記事は1000文字以上書く」とか「月間○○PV以上を目指す/○○円稼ぐ」などである。

 

人によってはこれらの目標を設定することでモチベーションになると思うけど、僕の場合はそうではない。「毎日更新する!」ということを目標にしてしまうと、仮にそれが達成できなかったときに一気に燃え尽きてしまいそうな気がする。毎日更新するってかなり大変なことで、1ヶ月くらいならできるかもしれないが、数年数十年の間ブログを続けていこうと考えたら実現不可能なほどきつい目標だ。「月何記事以上」や「年何記事以上」程度ならまだ更新が滞っても巻き返しできるけど、毎日更新なら1日忘れただけでもう達成不可能になってしまう。僕にとってはハードルが高すぎる。

 

またPV数や収入を第一目標にするのはもっときついと思う。更新頻度や文字数は自分の力でどうにかなるが、PV数や収入は自力ではどうしようもできない部分もある。自分がどんなに頑張っても最終的には他人に左右されるからだ。ブログの書き方を調べてみても「PVや収入アップを第一目標にしない方がいい」という意見がいくつもあった。つまりそれらは運の要素が大きいので、あまり気にしすぎてもいけないということだ。

 

あくまでも僕の考えだけど、やっぱりブログは気が向いたときに更新するくらいが一番いいと思う。

 

「いつ途中止めになってもいいや」「今日更新した記事がこのブログ最後の記事になってもいいや」みたいな気持ちで書いている(だからこのブログはいつ更新が止まっても不思議ではありません)。メインは人のブログを読むことで、たまに自分でもブログを書いて、それで人気が出たらラッキーだと思っている。

 

理想を言えば歯磨きや洗顔みたいに、「日常的に行なっているけど全くモチベーションを必要としない行為」のレベルにまでブログを落とし込めればいいんだろうなと思う。

 

 

まぁブログ収入ゼロの底辺趣味ブロガーの戯言ということで…。