東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

東京の土地勘のない友達

f:id:kailagi:20180810170215p:image

8月8日(水)、9日(木)の2日間、大学時代の友達が仕事の関係で東京へやってきた。

 

 

 

その友達は島根県の会社に勤めており、東京へは仕事の用事やプライベートの遊びなどでたまにやってくる。そして東京にやってくる度に僕が召還されて、彼の東京観光につきあわされるのだ。

 

 

 

僕も久しぶりに友達と会えるのは嬉しいのだが、その友達が毎回考えてくる東京観光ルートがどうもチグハグというか、なんでそんな非効率的な移動ルートにしたんだ! とツッコミたくなるものなのだ。

 

 

 

「地図上で見たら近いから電車に乗らなくても歩いて行けると思った(そして実際に歩いて疲れ果てる)」「新宿と新橋は名前が似ているから隣同士かと思った」「東京中の風俗店は新宿歌舞伎町に集結しているから、吉原とかいう風俗街も歌舞伎町にあると思った」など彼と東京観光をすると毎回何かしらの問題に突き当たる。

 

 

 

なぜ行きたいスポットを調べる段階で、その場所まで調べないのかと疑問に思う。

 

 

 

まぁしかし僕もかつてそうだったように、不慣れな土地を移動するのは大変なものだ。理想を言えば僕がスマートに東京案内が出来れば良いのだ。しかし上京して2年ほど経っても、出不精の僕はあまり東京に詳しくない。最近ようやく新宿駅周辺で迷わなくなったレベルだ。

 


地方からやってきた友達が「あそこへ行きたい」「ここへ行きたい」と言ったときに、スマホとかで調べることなくサッと案内できたらカッコイイだろうなぁと思う。

 

 

 

その友達と東京観光をしているときは「こいつは何て東京が分かっていないんだ!」と腹を立てていたが、冷静になって考えてみるとそれは僕も同じことだった。お恥ずかしい。

 

 

 

僕の地元である岡山県の会社に転職しようと思って、最近転職活動をしていた。一社調子よく進む会社があったのだが、役員面接で残念ながら不採用になってしまった。つまり僕は今後も東京で生活していくことを余儀なくされたわけだ。仕方が無いので気持ちを切り替えて東京のことをもっと知っていこうかと思う。

 

 

 

最終的には東京のことを全く知らない人から「東京のおすすめ観光ルート教えて」と言われてスマートに答えられるくらいになりたいものだ。