東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

金曜日だから真っ直ぐ帰りたくない

今週は祝日も有給もなく、平日5連勤働ききった。

 

 

 このところあまり残業がなかったのに、なぜか今週はちょっと残業があって(1日1時間半くらい)疲れてしまった。

 

 

こちとら「食う、寝る、遊ぶ」を生きがいに生きているというのに、残業なんてしてしまってはそれが充実しなくなるじゃないか。

 


今日知ったことがあるんだけど、「働く」の対義語は「遊ぶ」らしい。

 


「遊ぶ」の意味は「好きなことを楽しんですること」「有意義でない活動をすること」で、そうではない活動は「働く」になるみたいだ。

 


有意義で生産性のあることをずっとやっているのは疲れる。

 


今日は金曜日だから定時で帰ろうかと思ったんだけど、夕方ごろに急ぎの仕事が入って、それをやっていたら残業してしまった。それにちょっと急いでやっていたからミスもしてしまった。

 


せっかくの金曜日なのに、退社する頃には外はすっかり暗いし、心も体も疲れてしまった。こういう時はまっすぐ家に帰る気が起きない。

 


とりあえず会社近くのなか卯で晩飯にして、そのあと駅近くの上島珈琲店に入った。

 


上島珈琲店でココナッツミルク珈琲を飲んだんだけど、これが結構美味しくてびっくりした。

 


写真を撮ってたらよかったんだけど、気がついたらコーヒーカップが空になっていて写真を撮る暇がなかった。仕方ないので公式サイトの写真を載せる。

 


f:id:kailagi:20180831192230j:image

 


珈琲を飲み終えたら、ブログを書くことにした(この記事)。

 


しかし今日みたいに「会社から自宅に直帰したくない時」に寄り道するにはどこがいいのかな?

 


食事、酒、カフェ、映画館、スーパー銭湯、本屋、漫画喫茶、買い物に観光地……東京に住んでいると選択肢はいくらでもある。

 


行こうと思えばどこへでも行けるんだけど、結局めんどくさくなって近場の喫茶店でネットしたり漫画を読んだりして過ごしていたりする。

 

 

そういえば最近、さくらももこの「コジコジ」を読んだ。以下の記事を読んで興味を持って手に取った。

 


亡くなった漫画家・さくらももこさんの作品「コジコジ」の人生観に救われるTL - Togetter

 


この漫画は一見小さい女の子向けの漫画のようだけど、中身は哲学的だったり、宮沢賢治の児童文学のような表現の美しさがあったりして、大人が読んでも十分面白いと思う。全4巻と短いので週末にでもサクッと読んでみてはいかがだろう。

 

 

さて、今日はこの記事を書き終えた後何をしようか。どこか寄り道してもいいし、逆に今日は早く寝て明日楽しむパワーをチャージしてもいいし……