東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

「ポケットモンスターレッツゴーピカチュウ・イーブイ」は意外と大人向けのゲームかもしない

 

ポケットモンスターレッツゴーピカチュウ」を今更ながらプレイしています。

 

www.pokemon.co.jp

 

ソフトの発売日が2018年11月16日で、僕が買ったのが2019年2月の初め頃。ポケモンピカブイのブームに完全に乗り遅れてる。ブロガーとしてあるまじき失態!

 

今の段階まで購入を見送っていた理由として、ネットのレビューで「従来のポケモンとシステムがあまりにも違うから、これまでのポケモンファンは楽しめない」「ポケモンGOニンテンドースイッチ版」「難易度が低いので初心者や子供向け」と言った意見があったからだ。

 

僕は現在ポケモンGOをやっていないし(リリース直後に少しやっていた)、一応ポケモンは初代〜サンムーンまでやったポケモンファンなので、「自分がプレイしても楽しめないのでは」と思って購入を保留していた。

 

しかし最近ようやくプレイしてみると、実は子供向けどころか逆に大人向けなんじゃないかと思った点がいくつかあったので紹介したい。

 

目次

 

1.ポケモンゲットが楽

 

従来のポケモンだと野生ポケモンをゲットするために「野生ポケモンが出現する→自分もポケモンを出す→ダメージを与えたり、状態異常技を使って弱らせる(うっかり倒してしまうこともある)→ボールを投げてゲットする」という手順を踏む必要があった。

 

しかしビカブイ版ではどうか?「野生ポケモンが出現する→ボールを投げてゲットする」これだけ。非常に手軽でスピーディ。というかポケモンGOそのままである。

 

このシステムに慣れると、「これまでのポケモンゲットってめんどくさかったなぁ」とすら思えてくる。

 

まさに時間のない大人にピッタリの仕様である。

 

2.野生ポケモン回避が楽

 

これまでのポケモンなら目当てのポケモンが出てくるまで当てもなく歩き回らないといけなかったし、欲しくもないポケモンに何度も遭遇することがあった。

 

しかしビカブイ版では野生ポケモンがシンボルで現れるので、捕まえたいポケモンなら近づけばいいし、興味ないポケモンならスイスイ回避できる。なんて便利なんだろう…。

 

というかポケモンGOそのままなんだけどね。

 

これも時間のない大人にピッタリだ。

 

3.相棒技が強すぎる

 

今回のポケモンでは相棒ポケモンピカチュウ版ならピカチュウイーブイ版ならイーブイ)だけが覚える「相棒技」というものがある。

 

この相棒技がとにかく強い! 上の動画で使っている「ばちばちアクセル」は「威力100の先制技」である。威力100と言えば10万ボルトより強い、しかも必ず先制で出せる。こんな技がハナダシティの時点で使える。もうハナダジムなんて無双である。こんな技をストーリーを進めるに連れて次々覚える。

 

これの何が良いかというと、「パーティが弱くても、戦術なんてなくても、とにかく攻撃してれば勝てる」ということである。

 

残業して疲れ切って、家に帰って気分転換にとゲームして、そんな疲弊した状態でパーティ編成とかCPUを倒す戦術とかを考えられますか? られませんよね!? そんな時にポケモンピカブイなら取り敢えず物理で殴っていれば勝てる! 楽しい!

 

4.ピカチュウと遊べる

 

ニンテンドースイッチのタッチパネルを使ってピカチュウと遊べる。

 

多分この機能はくたびれ果てた大人のためのものだと思う。

 

5.キャラクターが可愛い

 

何もこのゲーム、かわいいのはポケモンだけじゃない。女の子もかわいい。

 

ポケモンは女の子キャラの可愛さに定評があったけど、ピカブイ版では更に磨きがかかってると思う。

 

 

6.まとめ

ポケモンピカブイの特徴をまとめると、

  • ポケモンゲットの難易度が低い(目当てのポケモンが見つけやすく、捕まえやすい)
  • ポケモンバトルの難易度が低い(Aボタン連打で勝てる)
  • ピカチュウがかわいい(ちなみにイーブイもかわいい)
  • おねえさんもかわいい(かわいい!)

このようになる。

 

つまり現代社会の疲れ切った大人たちを癒やす要素が満載なのだ!

 

さあみんな、ポケモンピカブイをやろう!!!

 

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ- Switch

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ- Switch