東京のんびりスポット研究所

都内在住20代男性会社員の日常

特にやることもない休日の午後、僕はベランダに出ることにした。

今日(2019年6月16日(日))は特にやることもなくて、朝起きてから、朝食を食べたり、ネットしたり、漫画を読んだり、二度寝したり…と過ごしていたら午後になった。

 

午後になったからと言って特にやることはなくて、「あ〜Youtubeで面白い動画ないかな〜」「思い切って家中の荷物を断捨離しようかな〜」「そういえば図書館で借りていた本の返却期限過ぎてたな〜」なんてことをアレコレ思いつつも、これと言って行動を起こすことなくダラダラしていた。

 

僕はほぼ毎日日記を書いているんだけど、今日みたいにどうしようもなく暇な日があったら何となく過去の日記を読み返す。

 

そうすると丁度去年の今頃も「やることがなくて退屈だ」みたいなことを書いていた。元号が平成から令和になっても、僕はあまり変わっていないらしい。

 

去年書いた自分のブログも読み返していたんだけど、その中で以下の記事を見つけた。

 

kailagi.hatenablog.com

 

2018年5月14日に書いた記事で、「その「おこだわり」、俺にもくれよ」という漫画の中に登場する、ベランダにこだわる男を紹介した記事だ。

 

去年僕はこの「ベランダの男」に影響されて、Amazonで安いキャンプ椅子を買ってベランド(ベランダの男曰く、ベランダに出ることを表す造語)を楽しんでいた。

 

しかしそれから酷暑の夏が来て、気づいたら極寒の冬が来て、春になっても少し肌寒く…といった感じで最近は全くべランドしていなかった。せっかく買ったキャンプ椅子も今では荷物置きと化していた。

 

上記の記事を読み返したことで「最近気温も上がってきたし、久しぶりにベランドするか」と思い立った。昨日の東京は超大雨だったけど、今日は晴れ、気温は30℃程度。コンディションがいいので久しぶりにべランドすることにした。 

 

↓去年の写真だけど、シチュエーションは全く変わらず。

f:id:kailagi:20190616135310j:plain

 

ベランダに置いたキャンプ椅子に座り、クロックスを履いて、ノートパソコンを膝の上に置いて、このブログ記事を書いた。

 

僕がブログを書いていた頃は太陽が雲に隠れていい感じに日陰になっており、暑すぎることなく過ごせた。

 

べランドのいいところは「家の中にいながら外に出れる」ことだと思う。「外出するのはめんどくさいけど、太陽の光にあたっておいたほうが健康かも…」という欲望を手軽に満たしてくれるので楽しい。

 

↓過去記事(日記について)
kailagi.hatenablog.com

 

kailagi.hatenablog.com