20代男性ニートの日常(旧:東京のんびりスポット研究所)

2019年10月に東京から岡山に引越しました

ビジネスホテルって最高では?(松山 ビジネスホテル第一)

 先月仕事を辞めて現在ニート期間中のため、先週旅行へ行ってきた。日程は以下の通り。

 

・1日目:岡山駅周辺

・2日目:高松(香川)

・3日目:松山(愛媛)

・4日目:松山、福山(広島)

・5日目:帰宅

 

 僕は現在岡山県に住んでいるので、岡山を起点にしてその周辺をぐるっと回ったような4泊5日の旅行だ。

 観光というよりも、ずっと家にいると退屈なので気晴らしにブラブラしよう、くらいの感じで行った。

 

 岡山では後楽園・岡山城を見て、高松ではうどんを食べて、松山では温泉に入って、福山では何もしなかった(松山の滞在時間が長くて福山に着いたら夜になっていたので、ただホテルで一泊しただけになってしまった)。

 今回の旅行では主にカプセルホテルに泊まった。もちろん大浴場・サウナ付きのホテルだ。これにはサウナ好きの僕もニッコリ。もはやサウナに入るために旅行をしたと言っても過言でない。

 ただ一箇所、松山では丁度良いカプセル&サウナが見つからなくて、格安ビジネスホテルに泊まった。ここ一年ほど、ホテルと言えばカプセルホテルばかりに泊まっていたので(安い&サウナが付いているため)、ビジネスホテルに泊まるのは久しぶりだったんだけど、泊まってみると結構良かった。

 

 泊まったのはJR松山駅近くの「ビジネスホテル第一」で、一泊3000円程度と格安だった。

 部屋は6畳の和室で、トイレは各部屋に付いていて、風呂は共同だった。ただこのホテルの近所にスーパー銭湯「伊予の湯治場」があったので、僕はそちらに行き、ホテルの風呂には入らなかった。

 

f:id:kailagi:20191021161354j:plain

 

 何だろう、今までカプセルホテルばかりに泊まっていたからだろうか、個室ってだけですごく落ち着く…。個室、布団、冷蔵庫、机、テレビ、トイレ、エアコン、全てが自分専用で常に使い放題。カプセルホテルにはなかった概念だ。最高かよ。

 まぁちょっと年季が入っている(悪く言えばボロい)部屋だったんだけど、これまでカプセルホテルやホステルに泊まることが多かったから、「え、個室ってこんなに快適なの!?」と改めて驚いた。イビキ爆音おじさんのせいで全く寝られないとか無いし…。

 

f:id:kailagi:20191021162355j:plain

 

 窓の外からはJR松山駅や、松山の町並みが見える。都会のビジネスホテルにありがちな「窓からの景色は隣のビルの壁だけ」ということもない。神かな?

 

 ただ一つ気になったことは、部屋の中に時計がなかったことだ。まぁテレビやスマホで時間は確認できるんだけど、時計があったほうが便利だよなーとは思った。でも安いホテルだから多少は仕方ないのかな。

 

f:id:kailagi:20191021162725j:plain

 

 と、思っていたら外にあった。

 

 なるほど、外にあるから部屋の中には置く必要がないと…。計算されつくされている。蓮舫もビックリだ。

 やっぱりビジネスホテル(個室)って落ち着くし安眠のしやすさも全然違う。これまで値段や大浴場・サウナ目当てで安いカプセルホテルばかりに泊まっていたけど、旅行を楽しむためにはビジネスホテルでしっかり休んだほうが良いのかもしれない。

 …でもやっぱり安さ重視でカプセルホテルを今後も選びそうな気がする。再就職したら高いホテルに泊まろう。

 

↓泊まったホテル

travel.rakuten.co.jp

 

↓JR松山駅近くのスーパー銭湯。天然温泉も良いが、サウナ・水風呂・外気浴スペースも最高。ぶっちゃけ道後温泉より好き。

www.kisuke.com