カイラギの日記

ニートによる雑記ブログ

朝起きて、太陽を浴び、天照大神に思いを馳せる

 自分、無職なもので、毎日何の予定もない。予定が無ければ早く起きる必要もなく、朝起きたらだいたい10時くらいだったりする。そして起きたら、部屋のカーテンを開け、日光を浴びる。日光は体内時計をリセットしたり、セロトニンビタミンDの生成に役に立つらしく、つまりある程度浴びておいたほうが健康に良い。

 そして太陽と言えば、日本神話の最高神で、天皇家の先祖でもある、太陽を司る神、天照大神(あまてらすおおみかみ)がいる。天照の有名なエピソードに「天岩戸隠れ(あまのいわとがくれ)」というものがある。簡単に説明すると、仕事や兄弟喧嘩の悪化のストレスで、天照が洞窟に引きこもってしまった事件だ。つまり天照は、日本最初の引きこもりした神と言える。そう、天照は、僕にとって偉大なる引きこもりの大先輩なのだ。

 朝起きて太陽を浴びる。その時ついでに「天照さん、おはようございます」などと挨拶をする。「わたくし、今はヒキニートの身なれど、先輩を見習い、そのうち家から出て働こうとは思っております……」と雑に決意表明をして、一日を迎えるのだ。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 そのうち、三重の伊勢神宮や、宮崎県高千穂の天岩戸神社にも行ってみたいなぁ。

 

↓過去記事

kailagi.hatenablog.com