20代男性ニートの日常(旧:東京のんびりスポット研究所)

2019年10月に東京から岡山に引越しました

新型コロナウイルスでパチンコ店叩かれすぎ問題

 外出自粛生活で生活リズムが完全崩壊、どうもこんにちは、カイラギです。

 

 最近、パチンコ業界への風当たりが厳しい。2020年4月前半頃から現在まで、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、全国的に飲食店やショッピングモールなど様々なお店が営業自粛になっている。そんなお店の中で、現状一番世間からバッシングを受けているのが、パチンコ店ではないかと思う。都道府県からの営業自粛要請に従わず営業を続ける一部のパチンコ店にお客さんが殺到している状態は、連日メディアで報道され、批判されている。

 

 僕は今年2月末〜3月末にかけて、たまたま見たYouTubeのパチンコ動画に興味を持って、パチンコを打っていたことがある。打ち始めた最初の頃はちょっと勝てて、「自分はパチンカーではなく錬金術師」と思っていた時期もあったが、回数をこなしていくうちに、結局全然勝てなくなって辞めてしまった(加えて丁度いいタイミング? でコロナが流行ってしまったし)。パチンコをまたやりたいかと聞かれると、Yesとは言えない。と言うのも、勝てる勝てないの問題もあるが、もはやパチンコは世間からのイメージが悪すぎる。まぁコロナ禍以前から良くはなかったけど、コロナ禍真っ最中でも営業を続けるパチンコ店とそれに群がるパチンコ依存症達という構図は、世の中から「パチンコ=悪」と思われるのに十分だ。

 

 YouTubeで「パチンコ」で検索すると、最近では「休業要請を無視して営業するパチンコ店&押し寄せる客&報道しようと群がるマスコミ&休業を訴える自粛警察&それを撮影する底辺YouTuber&野次馬」という動画が見つかる。何なんだこれは? 地獄かな? パチンコ店に行く客も客だけど、それに群がるマスコミや自粛警察は自粛してなくていいのか? 「踊る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら踊らにゃ損損」そういうことか?(謎)

 

↓過去記事 

kailagi.hatenablog.com

 

kailagi.hatenablog.com

 

kailagi.hatenablog.com