東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ

LAMY Safari ボールペン グリーン

私のお気に入りのボールペンを紹介する。

 

LAMY Safariのグリーンです。

 

f:id:kailagi:20171109222259j:image

 

ちなみに会社で使っている。

 

会社員が使っているボールペンと言えば、ジェットストリームフリクションの単色or4色ボールペンが多く、他には名も無き格安ボールペンだったり、逆に高級ブランドだったりする。

 

だいたいみんな同じようなボールペンを使っており、中に数人ブランド物だったり、万年筆ユーザが紛れていたりするのが現状だ。

 

私も以前は1本数百円程度のボールペンを使っていたのだが、ある時ふと「使っているペンで個性が出したい」と思い、色々なペンを使っていた。

 

1本1万円ほどするボールペンや、万年筆を使ってみたりと、色々試してみた結果、Safariに辿り着いたのだ。

 

Safariの良いところは、とにかく見た目が目立って個性的なところ。社内で周りを見渡してこんなボールペンを使っている人がいるだろうか? これだけでもう私の自己顕示欲は満たされてしまう。

 

緑のボディ、黒のノック部や口金、大きなクリップ、三角形のグリップ、どれを取っても素晴らしい! プラスチック製ながら安っぽさはなく、またあからさまな高級感もなく、パッと目を惹く鮮やかなグリーンの美しさ。

 

ちなみにLAMY純正インクは粘度が高く私の好みではないので、パイロットのアクロインキを代わりに入れている。

 

f:id:kailagi:20171109223620j:image

パイロットのリフィルは長さが足りないので、長さ調整用の芯も入れている 

 

このLAMY Safari ボールペン、私がAmazonで買った時は2200円くらいだった。ボールペンのクオリティからしたら若干高い気がするが、得られる満足感はそれ以上(と思われる)。

 

皆様も何か一本お気に入りのペンを見つけてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

僕がインターネットを辞められない理由

これはプレミアムフライデーだからと言って有給を使った日のこと。

(ちなみに弊社ではプレミアムフライデーは導入されていない)

 

外出したり、洗濯や掃除をする予定だったのに、その日は一日中大雨でやる気が出ず、結局一日中寝たり、ゲーム・ネットをやって過ごした。

 

それだからか、夜になると体がだるくて仕方なかった。目も疲れたし、体は痛いし、精神的にもなんだか辛い。なんというか……今日という日に全く満足していなかったんだろうな。

 

最近、というか今までの人生ずっとこんな感じだわ。特に携帯電話を持ってネットが自由に使えるようになってから、休日や平日の夜は意味もなくネットサーフィンしてるわ。

 

その度に「これじゃだめだ!」と思い、改善を意識するんだけど、結局は全く改善されることなく何年もこのままである。

 

何処かのタイミングで変わらねば!

今の、他人との交流を絶ってネットばかりしている生活から抜け出さなくては行けない!

(~せねばと言うと力強すぎるので、~したほうがいいかもしれない程度にしておこうか?)

 

まずはネット以外の娯楽を見つけよう!

 

しかしこの手の「新しい趣味を見つけて人生の充実度を上げよう!」みたいなことは今まで幾度となく思ってきたことで、結局あれこれやったあとネットに戻ってきてしまうんだよな。

 

色々考えてみるとやっぱりネットというのは非常に強い、強すぎる!

 

現にネットは世界を大きく変えてしまったほどの技術だし、ネット依存・SNS依存の人は数多くいる。ネットのデメリットが散々言われているにも関わらず、今も大勢の人がネットから脱却できないでいる!

 

一方でその他の趣味、読書、映画、スポーツ、旅行などは趣味をして楽しんでいる人の数は多いものの、「依存症」とまでいっている人はいるだろうか? おそらくそう多くはないだろう。

 

つまり「ネットを辞めて他の趣味を始める」というのは、実はメチャクチャ難しい!

 

ネットを辞めて他の趣味をするということは、すなわち人類が生み出した化け物テクノロジーであるインターネット以上に面白く、手軽で、ハマる、何かを見つけねばならないと言うことだ!

 

そう考えてみると、ネットを辞めるなんてことは不可能に思える。

 

「休日の過ごし方:ネット」から抜け出すということは、つまり「人類が築いてきた歴史」に立ち向かうということだ。なんと愚かなことか、風車に突撃したドンキホーテのように狂っている。

 

ネット依存は良くないが、完全にネットから離れるのも無理、それは現代社会に生き、俗世に関わっている人間故に……

 

■まとめ

ネットは控えめにね!

 

 

将来の夢から宇宙の広さまで

 今日は休日、文化の日

 

 だが昨日とて、明日とて、仕事がある。めんどくさくて楽しくない仕事だ。

 

 仕事について同期と話してみても、みんなそんな感じらしい。毎日のように残業して、やりたくもない、つまらない仕事をしているらしい。

 

 会社員やってるとそんなもんか、出世したら自力で仕事を面白くできたりするらしいけど、ホンマかいな?

 

 最近会社で研修があった。社員のモチベーションを上げ、今後の仕事における目標を明確にするための研修らしい。「○年後の目標」とかを言わされたけど、それが無性に胡散臭く感じたのは、どうも小学生へ「将来の夢」を聞いている感じなんだよな。

 

 つまり将来絶対に叶わないような大きな夢を掲げることを求められている。

 

 小学生の頃の将来の夢って、「プロスポーツ選手になる」とか「CAになる」とか、その子では絶対に叶わないような大きい夢を書けば書くほど褒められるものだ(なぜかユーチューバーは賛否両論あるが)。「まぁ!子供らしくていい!」とか言って。

 

 会社員になっても同じ。「その本人の夢」って言うより、「上司が納得する夢」を求められている感じ。

 

 現在私は所謂「若手社員」なのだが、この研修においても、「若手社員らしい」身の丈に合わないような大きな夢を無理やり持たされているような感じがした。

 

「社長になりたいとか、世界に通用する人になりたいとか、若手ならそれくらい言わないといけない!」とか中年社員は言うんだけど、うちの会社の構造上、プロパー社員から社長になることはありえないし(プロパーなら課長まで行けば御の字じゃないか?)、古い構造を保守して風通しが悪い会社からグローバルな人材が出るとも思えない。中年社員だって本心では自分の発言がありえないことだって分かっているはずだ。

 

 つまりあんな研修、本人のためじゃなくて、上司・先輩の暇つぶし……道楽だ。

 

 上が求める「若手らしさ」のツボを押さえられたものの勝利! そこに本人の本音や個性はいらない!

 

 将来の夢、仕事の目標なんて無意味! 愚か極まりない! 

 

 まぁしかし、そんなことを言ったところで、この地球上の人間が生きていることだって宇宙全体から見ればなんの意味もない。

 

 この広大な宇宙もなんであるかわからないし、もしかしたらこの世界は全てがなんの意味もないのかもしれない。

 

 となると自分が生きる理由なんて「楽しいことしたい」「幸せになりたい!」くらいでいいのかもしれない。

 

「自分が生きる理由は、人を幸せにするため!」とか言う人もいるけど、その人が幸せかどうかはその人自身が決めることであって、それを他人がどうこうしようというのは傲慢である。自分は自分が幸せになることだけを考えて生きればいいのだ。

 

 

 

 

初投稿

こんにちは、カイラギです。

 

このブログには私が普段思ったことなどを書いていこうと思います。

 

よろしくお願いします。