東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

手ぶらで外出したいけど、庶民に手ぶらは難しい(それと格安スマホについて)

 

手ぶら外出は何を持っていくか?

以前「仕事に行くときは重いカバンを持たないといけないから、休日くらい手ぶらででかけたい」という記事を書いた。

 

そんなことを書いた手前、普段の休日はリュックサックを背負って外出していたのだが、この土日(9月22日、23日)は手ぶらで外出してみた。

 

服装は、Tシャツ、ジーンズ、スニーカー。ジーンズのポケットの右前に定期入れと家の鍵、左前にスマホ、右後にKindleVoyageを入れて、左腕に腕時計をつけた。

 

↓荷物はこれだけ

f:id:kailagi:20180924094329j:plain

 

定期入れ

定期入れは東京下町の革製品メーカー「エリナ」のブランド「アスメデル」の4000円程度のもので、この中に運転免許証、クレジットカード、ポイントカード、PASMO、紙幣を入れている。基本的な支払いはクレジットカードで行い、現金しか使えないときは紙幣で払い、お釣りはポケットの中に直接入れることにした。

 

スマホ

スマホはご存知iPhoneSE。キャリアはY!mobileで月々の支払いはだいたい200円以下!

 

f:id:kailagi:20180924095056p:plain

 

 

そして月のデータ使用量は9GB! 正直こんなにいらないのだが、僕が契約したときに他にちょうどいいプランがなくて、これにせざるを得なかった。

 

↓基本データ量6GBだが、「上限回数6回」というのが「6GBを使い切った時、0.5GBの追加を最大6回まで無料で行える」という意味。つまり実質月9GB使える。

f:id:kailagi:20180924095132p:plain

 

こんなにスマホ料金が安い理由は、「契約時に端末料金を一括で払っていること」と「キャンペーンで、契約してから2年目までは安いこと」と「端末の故障時交換などの保険プランを全て解約しているから」ということ。それでも3大キャリアに比べれば安いので、スマホ代を安くしたい人にはおすすめできる格安スマホ会社である。

 

しかもY!mobleの母体はSoftbankなので回線品質はSoftbankと同じ。通信が遅くて困ったことはないし、街中のSoftbankのFreeWi-Fiも拾える。

 

Kindle

話は戻って、電子書籍端末のKindleVoyageも持ち歩く。

 

Kindle端末は他にもKindleOasisも持っているんだけど、Oasisは7インチ、Voyageは6インチで、読書のしやすさはOasisが勝るけど、そのサイズのせいでOasisはポケット(ジーンズの後ろポケットやスーツの内ポケット)に入らない。Voyageは丁度文庫本サイズでポケットにピッタリ入る。手ぶら外出ならVoyageの方が便利だ。

 

↓左がVoyage、右がOasis

f:id:kailagi:20180924101222j:plain

 

電車移動がメインの東京住みだと、暇つぶしグッズはあったほうがいい。

 

腕時計

ダイソーの500円の腕時計です。

 

でもやっぱり手ぶらは難しい

上記のような装備で土曜日は錦糸町、日曜日は新宿をブラブラしていた。

 

最初は身軽でいいと思っていたけど、すぐにある問題に直面することになった。

 

それがクレジットカード使えない店、意外と多い問題。

 

金持ちが行くお高めの店ならカードが使えるのかもしれないけど、僕みたいな庶民が行く店だと現金のみの店が珍しくない。錦糸町でラーメン屋、新宿で喫茶店と回転寿司屋に行ったんだけど、現金しか使えず、ポケットが小銭で膨れてしまった。

 

正直現金の使用頻度がこんなに高いとは思っていなかった……

 

毎回小銭をジャラジャラいわせて歩くのはあまりカッコよくないから、小銭が入る財布を持とうかと思ったんだけど、そんなサイズが大きい財布をジーンズのポケットに入れるのは窮屈だから、それならやっぱりリュックがあったほうがいいかもと思い始めた。

 

リュックがあれば財布やKindleOasisが持ち歩けるし、なんならPCや折り畳み傘も入れられるし、買い物したものも入れられるし……

 

あれ、リュック便利なのでは?

 

まとめ

ごめん、やっぱリュックいるわ。

 

 

 

↓過去記事

kailagi.hatenablog.com

 

kailagi.hatenablog.com