20代男性ニートの日常(旧:東京のんびりスポット研究所)

2019年10月に東京から岡山に引越しました

ニート生活について&ブログタイトル変更(暫定)

目次

 

ブログタイトル変更

ブログタイトルを「東京のんびりスポット研究所」から「20代男性ニートの日常」に変更しました。

 

「東京のんびりスポット研究所」というタイトルは、2017年にこのブログを立ち上げた時からのタイトルだった。でも当時からこのブログは大してのんびりスポットを紹介してなくて、その上今年の10月に僕が退職に伴って東京から岡山(実家)へ引っ越してしまったので、タイトルと内容が合わなくなっていた。

 

「そのうちタイトルを変えたいなー」と思っていたんだけど、いいタイトルが思いつかなかったので、暫定という形で「20代男性ニートの日常」にした。

 

また今後の方針が変わったり、僕が再就職した際には、タイトルを変えようかなと思っていますので、よろしくお願いします。

 

ニートの過ごし方 

僕が会社を辞めたのは2019年の9月30日付、それから今日(11月14日)まで約1ヶ月半ニート生活を送っていたことになる(実は9月中は有給消化を行ったので、働いていない期間で言えば実質2ヶ月半)。

 

ニートになってから何をしていたかと言うと、主に家に引きこもってネット、読書、ゲームなどをしていた。飽きてきたら外に出て、電車で岡山駅倉敷駅に行って、その周辺の飲食店、カフェ、複合商業施設、図書館、映画館、スーパー銭湯などをブラブラ。そしてたまに旅行に行ったり(以前記事にした四国、島根など)、地元の友達と会ったりなどをしていた。また退職・引越をしたことによって、手続きのため役所、ハローワーク、警察署にも何度か行った。

 

2ヶ月半休みと聞けば長いように思えるけど、実際に過ごしてみれば意外とあっという間だった。このままボーッと過ごしていたらすぐ1年くらい経ってしまいそうで怖い。時間が自由に使える今だからこそできることをしておきたい(今後長期の旅行に行きたいなーと計画している)。

 

会社を辞めた理由と将来

ちなみに会社を辞めた理由を挙げていくと、

・あの会社で今後も週5日働き続けるのがしんどかったから
・新卒から3年半働いたことで、1年ほど無収入でも生活できる貯金が貯まったから
・世の中は空前の人手不足で次の働き先が豊富にあるから
・年齢が若く(26歳)、健康体のため
・人生の中でニートってのをやってみたかった
・毎朝好きなだけ寝ていたかった
・その日の気分でやりたいことを決めたかった

等々がある。

 

とりあえず今はニート(子供部屋おじさん)になっちゃったけど、今後一生働かないつもりではなくて、むしろ1年くらいニートしたら飽きてきてまた働き出すのではないかなと思っている。まぁそのうちお金がなくなるので、働かざるを得ないんだけど。