東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

月曜朝の辛さは異常

今朝は起きるのが辛かった。

 

スマホのアラームで起こされたけど、ついつい二度寝三度寝して、なんとか起きた後は、スマホでスマートニュース→はてブはてなブログTwitterの順で眺めていた。

 

「あー、会社行くのめんどくせー」とエロサイトを眺めていると、時間がどんどん経って、定時出社(9時出社)は不可能な時間になっていた。

 

でも僕の会社はフレックスタイム制なので別に遅刻しても問題ない。月曜の朝から心ゆくまでエロサイトを眺めた後、ようやく洗顔・髭剃りをし、朝食を取った。

 

僕の朝食は、バナナ2本と牛乳が定番だ。実家暮らしの時はご飯を中心とした朝食を取っていたけど、一人暮らしだとめんどくさい。朝食に栄養補給と速さを追求していった結果、バナナと牛乳にたどり着いた。

 

バナナは炭水化物とビタミンB6とトリプトファンを含んでいる。炭水化物は脳の栄養になって朝食には欠かせないし、ビタミンB6とトリプトファンは幸せホルモンとも呼ばれるセロトニン(セロトニンが不足すると鬱になると言われる)の元となる栄養素だ。

 

それに牛乳を加えると、詳しくは忘れたけど、とりあえず体にいいらしい。

 

それにバナナと牛乳の朝食はとにかく早い。バナナ一本30秒で食べて、牛乳10秒で飲めば(パックから直で飲む)、朝食の用意・食事・片付け合わせても90秒で済む。

 

慣れたからか腹持ちも意外と良く、昼まで十分持つ。

 

さて、凄まじい速さで朝食を済ませた後は歯磨きだ。これは液体歯磨きで済ませる。10秒だ。

 

そして着替え。エアリズムと靴下とワイシャツとスーツのズボンを履くだけ。3分。

 

そして颯爽と家を出る。これが毎日のルーティーンだ。

 

 

 

「行きたくねぇ行きたくねぇ」と思いつつ会社に行って2時間ほど働くとエンジンがかかってくるのが不思議。