東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

毎日銭湯行ってたら趣味の時間が取れない

今週は今の所毎日銭湯へ行っている。

 

7月29日(日)の戸越銀座温泉(品川区)から始まって、7月30日(月)には松の湯(新宿区)、7月31日(火)と8月1日(水)には栄湯(新宿区)へ行った。

 

yutty.jp

 

松の湯(新宿区|落合駅) 駅から徒歩1分! 天然素材にこだわった薬湯と個性的な造りに感激!! | 【公式】東京銭湯/東京都浴場組合

 

kailagi.hatenablog.com

 

銭湯は良い。最高だ。どんなに辛いことがあっても銭湯さえ行けば全てリセットできる。疲れがいもあるというものだ。

 

「家に風呂があるのにわざわざ銭湯へ行く必要はないんじゃないか?」という人がいるかも知れないが、はっきり言って家風呂と銭湯は全く違う。まだ家風呂で消耗してるの? と問いかけたい。

 

言うなれば家風呂は身体の汚れを落とすために入るところという感じがする。つまりマイナス状態を0に近付ける感じだ。そして銭湯はリラックスするために行くところだ。つまりマイナスをプラスにするところ。正直家の風呂は入るのがめんどくさいのだが、銭湯だと気持ちいいので自然と入りたくなる。

 

しかしこう毎日銭湯に入っているとお金もそうだけど、時間がかかって仕方ない。家でシャワーを浴びると20分位で入浴完了だけど、銭湯まで通っていると1〜2時間くらいは平気でかかってしまう。仕事を終えて食事して銭湯行って…としていると、趣味の時間が全然取れないのが痛い。

 

ネットしたり、読書したり、映画見たり、TVの録画を見たり、ゲームしたり、プロ将棋の観戦をしたり、帰宅途中に寄り道したり、ブログ書いたり、とやりたいことはいくらでも思いつくのだが、どうも時間が足りない。

 

また8月に入ったらAmazonPrimeVideoで新作が追加された。とても見たい。

 

news.biglobe.ne.jp

 

うーむ、やはり銭湯を控えるべきか。週2、3回くらいにしようか。何かを得るためには何かを捨てないといけなのかな。

 

 

 ↓最近「Kindle Unlimited」でこの本を読んだけど、僕には難しくて理解が進まず、結局10倍にはできなかった。残念。