東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

お手軽かつ最強の仕事のストレス解消法・1選

f:id:kailagi:20180822204715p:plain

 

まえがき

社会人の皆様、今日もお仕事お疲れ様です。カイラギです。

 

仕事をする上で切っても切り離せないものといえばストレスですね。ネットで仕事について調べてみても、世の中の多くの人がストレス解消法について興味関心を寄せていることが分かります。

 

ポピュラーなストレス解消法といえば、家族や友人や彼氏彼女との交流、趣味、美味しいものを食べる飲む、買い物、旅行などがありますが、中には日常生活で気軽にできないものもありますよね。

 

そこで今回ぜひ皆様におすすめしたい最強のストレス解消法があります。

 

そう、サウナです。

 

以前から当ブログでもサウナ記事を幾つか投稿していたのですが、最近ではそれだけでは飽き足らず、リアルで合う人に片っ端からサウナをおすすめしていました。

 

しかし「あれ拷問でしょ?」「お前、心臓麻痺で死にたいの?」「(懸命にサウナを勧める僕の姿を見て)お前、おかしいよ」「宗教じみてる」と散々な言われよう。確かに出会うやいなやサウナのことを嬉々として語るやつはヤバイということに最近気づきまして、もうリアルでサウナのことは語るまいと決心しました。

 

そうなるとサウナことを語る場がブログしかなくなってしまうので、改めてサウナの良さについて語らせてください。

 

 

なぜサウナなのか

ネットで「ストレス解消法」などで検索すれば星の数ほどストレス解消法が出てくる。世の中の人はそれほどに毎日ストレスを感じ、そして解消したいと思っているということがわかる。

 

そしてそれらのストレス解消法の中でなぜサウナが最強なのか? それは主に以下の4つの点がある。

 

  1. 気軽(平日の仕事帰りでも銭湯に寄ればすぐできる)
  2. 安い(普通の町銭湯だと、入浴料+サウナ料金+コーヒー牛乳でも1000円以下)
  3. 強制的に瞑想状態に突入する(ストレス原因を強制的に忘れられる)
  4. とにかく気持ちいい!(たぶんコカインの3倍くらい)

 

以下、順に説明する。

 

 

サウナは気軽に行ける

自宅や会社の近所を、Googleマップで「銭湯」や「温泉」で検索してみると意外とヒットしないだろうか? (ヒットしないという方、この項目は読み飛ばしてください)

 

特に東京23区内だと町銭湯がかなり多いことに驚く。電車で行ける範囲にこんなに銭湯があるなんて、東京は銭湯のワンダーランドか!?

 

銭湯に行ってサウナに入ったとしても、所要時間はだいたい1〜2時間程度だ。

 

仕事帰りにふらっと銭湯寄って、サウナ入って、出た後はコーヒー牛乳を飲んで、帰り道の途中でメシ食ったりビール飲んだりした日にゃ〜、まぁ生きては帰れませんよね。

 

サウナは安い

東京の町銭湯ならば入浴料460円+サウナ料金300〜500円が相場だ。レンタルタオルやシャンプー・ボディーソープを購入すればもうちょっと高くなるが、それでも安いし、自宅から持っていくというのも手(僕は通勤カバンの中にMy銭湯セットを入れています)。

 

ストレス解消だと言って、美味しいものを食べたり、居酒屋で飲んだり、買い物したり、映画館やカラオケに行ったとすると、それなりにはお金がかかる。

 

しかしサウナは1000円以下で楽しめる。コスパ最強スポットなのだ!

 

 

瞑想(マインドフルネス)に向いている

昨今話題の瞑想(マインドフルネス)。雑念を消して「今ここ」に意識を集中させることで、気持ちを落ち着かせてメンタルにいいらしい(知らんけど)。

 

しかし自宅で瞑想しようとしてもなかなか集中できない。家族が気になったりとか、スマホを触りたくなったりとか、ついあれこれ悩みが浮かんできたりして難しい。

 

そこでサウナである。

 

サウナ室は暑い。平均的なサウナで90℃くらいある。暫く入っていると考え事どころではない。

 

サウナ室の異常な暑さとか、体を流れる汗とか、そっちの方に意識が集中してしまい、銭湯に行く前にアレコレ悩んでいたことが、気付いたら頭の中から消えている!

 

そして水風呂は冷たい。平均的な水風呂で17℃〜20℃くらいある。暫く入っていると考え事どころではない。

 

水風呂の異常な冷たさとか、頭をよぎる凍死とか、そっちの方に意識が集中してしまい、銭湯に行く前にアレコレ悩んでいたことが、気付いたら頭の中から消えている!

 

サウナ→水風呂→休憩を3回ほど繰り返していると、あれほど悩み苦しんでいたことが、心の中でずいぶん小さくなっていることを感じるはずだ。

 

 

サウナは気持ちよすぎる

僕はコカインはやったことがないけど、たぶんコカインの3倍位は気持ちいいんじゃないかな(知らんけど)。

 

サウナの気持ちよさについて、詳しくは以下の記事を読んでほしい。

 

kailagi.hatenablog.com

 

人間生きていれば、時には「自分はなんで生きているんだろう」「自分の生きがいってなんだろう」「どんなに辛くてもこれさえあれば大丈夫ってものは何だろう」と思い悩むことがあるかもしれない。それはサウナだ(即答)。

 

仕事が苦しいときなどに、辛いと思う反面、ワクワクしてくる時がある。「こんなに辛い気持ちのときに、こんなに伸びしろの大きいときに、サウナに行っちまったら、一体…一体どれほど気持ちよくなるんだぁ!?」とストレスすらもサウナのための前座に思えてくる。

 

こんなことを笑顔で語ってくるやつがいたら、ヤベー宗教やってると思われて当然である。

 

 

さいごに

今すぐにサウナへ行って欲しいとは言わない。

 

ただもしこの先、この記事を読んでいるあなたが死にたいほど思い悩むことが会った時、「そういえばサウナについて書いているブログ記事があったな」と思い出して欲しい。そして一度サウナへ行ってみて欲しい。

 

そうすれば気付いた頃にはあなたも立派なサウナ教信者である!