東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

重い荷物を手放して、休日は手ぶらで出かけたい

f:id:kailagi:20180704220229p:plain

 

僕は仕事のときは大きなリュックサックを使っている。

 

スーツ姿にリュックというのも今ではだいぶメジャーになったと思うが、僕がリュックを使っているのは、単純に仕事で使う荷物が多いという点のみだ。

 

会社支給のノートPCは「デカい・重い・ゴツい」の三拍子揃った、まさに石版のようなPCなのだ。充電ケーブルやマウスを含めたら絶対に3kgを超えていると思う。

 

このクソ重いPCに加えて他にも色々と仕事道具があり、これらを持って週数回は他社を訪問する用事があり、そうなってくると普通の手提げかばんでは容量が足りなさすぎる。必然的に大容量のリュックを使わざるを得なくなる。

 

こんな平日を過ごしているのだから、休日に「何も荷物を持たずに出かけたい」と思うのも不思議ではないだろう。

 

以前僕の普段のカバンの中身について書いたが、最近「これでも多いな」「というか手ぶらにできないか?」と思ってきた。

 

kailagi.hatenablog.com

 

手ぶらで出掛ける場合の最低限の荷物を考えてみた。

 

 

■家の鍵

 

スマホ

 →愛用のiPhoneSE

 

■財布

 →上記記事の定期入れの中に紙幣とその時必要なカードだけ入れる

 

 

これら3つをズボンのポケットに入れるだけ。完全に手ぶらだ。小銭が出たらポケットに入れる、どうしても必要なものがあったら外出先で買う、スマホの電源が切れたら諦めるし、暇な時はボーっとする……完璧では?

 

実は「ハンカチ・テッシュもいるかな」「頭痛薬や絆創膏もあると便利かも」「文庫本やKindle端末も暇つぶしにあったらいいな」「Bluetoothキーボードがあれば外出中でもブログが書けるな」「小銭入れは」「扇子は」「携帯ゲーム機…」とかいろいろ考えたけど、考え出すとキリがないので、とりあえず上の3つだけ持って外出することにする。