東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

iPadはPCの代わりになるのか

今手持ちには「MacbookAir」と「iPad Air2」がある。どちらも若干スペック不足で機会があれば買い換えたいと思っている。

 

でもPCとタブレット両方を買い換えると若干高くなるので、いっそのことiPad一本でやっていけないかと考えている。

 

あくまで自分の使い方に限るけど、MacにできてiPadにできないことは文章を書くことだけだ。それもブログを書くとか、日記を書くとかそういうレベルだ。

 

俺はMacで動画編集やプログラミングをするわけでもないし。大量のファイルを頻繁に整理することもないし、頑張ればiPadだけに集約できないだろうか。

 

iPadで文章を書くなら、Bluetoothキーボードを付けたらできる。

 

ダイソータブレットスタンドとApple純正キーボードの組み合わせ

f:id:kailagi:20180428205842j:image

f:id:kailagi:20180428205941j:image

 

試しにこの記事は上記の環境で書いてみているが、何の問題もなく書ける。調べてみるとiPadでブログを書いている人もいるらしい。

 

iPadを完全にPCの代用品として使うことはできない。でもユーザの用途によってはiPadで十分な人もいるはずだ。

 

ネットで「iPadはPCの代わりになるか」について調べてみても賛否両論だった。特にビジネス用にガッツリPCを使いたいユーザにとっては「ならない」という結論らしい。一方ネット閲覧が主でメールやメモ書き等で軽い文章を書く程度のユーザだと「なる」みたいだ。

 

つまり俺程度の使い方だとPCを捨ててしまっても問題ないと思う。そうなるとiPad Proとsmart  keyboardを買えばそれで全てができるというわけだ。

 

しかし今までPCを使っていたのにそれを捨ててしまうことに抵抗がある。あくまでもメインはPCでありタブレットはサブという構成で使っていたのに、タブレットをメインに据えてしまっていいのだろうか。

 

そもそもMacを買ったこともMacで何かやりたいことがあったわけでなく、何となくWindowsから乗り換えてみただけだ。PCで出来ることがタブレットに置き換わってしまえばまたタブレットに乗り換えてしまってもいい気がする。

 

そう、iPad一本化するとして1番の懸念事項は「今までPCを使ってきたのに、今後PCを手放してしまってもいいのか?」という現状が変化することに対しての不安だ。もしかしたら(今は行なっていないけど)、急に高度な動画編集がしたいとかプログラミングがしたいとか思った時のために、とりあえず手元にPCを置いておいてもいいんじゃないのかと思っている。取らぬ狸の皮算用みたいな話だが、ともかく今までずっと持っていたPCを手放すことに対して不安を感じているのだ。

 

取り敢えずしばらくは手持ちのiPad Air2をPCの代わりも兼ねて使ってみて、PCがいるかどうか判断してみようと思う。またAppleの2018年の新製品発表を心待ちにしておこう。たぶん6月くらいにあると思うから、そこで新しいMaciPadが発表されるはずだ。それをみてから次の乗り換え先を決めよう。

 

まとまりのない文章で申し訳無いが、つまりは今手持ちのPC・タブレットを買い換えたいな〜って思ってるってだけだ。