東京のんびりスポット研究所

のんびりした暮らしについてのブログ。

【草津温泉 1日目】なんで温泉地には蕎麦屋が多いんだろう

 最近の仕事の頑張りが認められたのか(?)少し長いお休みを貰えることになった。つまり慰安休暇みたいなものである。

 

 いつもの2連休3連休程度の休みだと、家で過ごすか、近場(東京23区内)をブラブラするか程度だが、まとまった休みが取れたのでいつもでは行けないような遠出の旅行をすることにした。


 それがタイトルにもある通り、草津温泉へ行った。ちなみに一人旅。4月3日(火)から4月6日(金)までの3泊4日の予定だ。


■8時半、起床


 なんで休みの日なのにこんなに早く起きないと行けないのか。それはもちろん草津温泉行きのバスに乗るために決まっているのだが、やっぱり早起きは辛い。昨日の夜は12時半くらいには寝たはずなのに、寝起きが悪すぎる。しかし二度寝をするわけにはいかないので、頑張って起きた。


■10時、バスタ新宿

 

f:id:kailagi:20180403210856j:image


 10時発の草津温泉バスターミナル行きの高速バスに乗るためにバスタ新宿へやってきた。バスタ新宿に来るのは初めてだったので迷うかと思ったけど、JR新宿駅南口を出ると目の前にあったので迷わずに済んだ。


 バスタ新宿の待合室には人がたくさんいた。全く4月3日だというのにこいつらは何をしているんだ。働いていないのか?(ブーメラン)


 まぁ多くは外国人観光客だった。たぶん中国人が主だと思う。東京は外国人が多くて驚く。特に大荷物を持った中国人はよく見る。日本でたくさんお金を使ってくれるのはありがたい。ぜひ日本経済を外国の手で回していただきたい。


 俺はバスタ新宿内のファミマで買ったおにぎりを食べつつバスまでの時間を過ごしていた。


■10時〜14時、高速バスそして草津温泉

 

f:id:kailagi:20180403211153p:image


 バスの旅は隣の客が異常に臭いことを除けば快適そのものだった。なんやねんあいつ。


■14時半、草津温泉湯畑

 

f:id:kailagi:20180403211226j:image

f:id:kailagi:20180403211259j:image


 草津温泉の中心部にこの湯畑がある。湯が湧き出ており、木製の樋(とい)を伝って流れている。


 硫黄の臭いが充満していることで、ここが温泉地であることを実感させられる。実は俺は今まで硫黄の臭いを直接嗅いだことがなく、理科の教科書に書いてある「腐卵臭」という情報しか知らなかった。いざ実際に嗅いでみると確かに腐った卵のような臭いがして感動。子供の頃から情報として知っていた、硫黄の腐卵臭というのはこんな臭いなのかと、実際に体験することが出来て良かった。


■15時、そばきち湯畑店

 

tabelog.com


 湯畑の周囲を一周し、足湯に浸かって一休みしていると、お腹が空いてきたので食事にすることに。


 湯畑周辺のそば屋「そばきち」で天ざるを食べた。蕎麦を食べることに夢中になり写真を撮り忘れてしまった。ブログ的には飯の写真はマストだったろうか?


 しかし草津温泉バスターミナルから湯畑まで歩いた途中にそば屋の多いこと! 以前別の温泉地に行ったときも蕎麦屋がやたら多かった。温泉地といえば蕎麦屋と相場が決まっているのだろうか? 食べてみても特別美味しいとは思えず、まぁ値段相応、というか割高、観光地価格だなぁと思う。(※決してまずいと言っているわけではないです)


■15時半 熱乃湯

 

f:id:kailagi:20180403211425j:image

 

 ここでは湯もみ(熱い源泉を適温に冷ますためかき混ぜること)が見れる。


↓こんな感じ

youtu.be


 司会の人が「ぜひ皆様、動画・写真を取ってSNSにアップしてください!」と撮影歓迎とのことだったので、乗せられて撮影しまくった。

 

↓だんだんテンポアップ

youtu.be


 他にも草津節の踊りや、客による湯もみ体験などもあった。俺も湯もみ体験に参加しようかと思ったが、一人で来ている大人がやってもアレなので小さい子供に譲ることにした(なんて優しいんだ!)。


■16時 大滝乃湯

 

f:id:kailagi:20180403211619j:image

 

ohtakinoyu.com


 次に、湯畑から徒歩5分くらいのところにある温泉「大滝乃湯」へ。先ほどのそばきちで、店に置いてあった観光ガイドブックを読んでいると、ここが記載されていたので行ってみた。


 料金は大人一人900円と安い。店内も広くて豪華。たぶん東京なら2000円以上は平気でかかるだろう。さすが草津温泉、江戸時代の全国温泉番付一位の温泉は伊達ではないようだ。


 先日サウナについての記事を書いたが、ここでもサウナ・トランスに挑戦してみた。……しかしここでもサウナ・トランスを実感できなかった。ちゃんとサウナ→水風呂→休憩を3回行ったのに、まぁまたリベンジしよう。

 

kailagi.hatenablog.com


 というかせっかく草津温泉に来たのにサウナって……勿体なかっただろうか? もちろん温泉にも入ったけど、サウナに費やす時間があったらもっと温泉に入った方が良かったかな? サウナの中人全然いなかったし(みんな温泉の方に入ってた)。


■18時 飯島館

www.iijimakan.com


 今日の宿。1泊2食付で7690円。部屋は6畳の和室。一人で泊まるならこれで十分だ。夕食も美味しかったし量も十分。ただ食べるのに夢中になって写真は無い。


↓部屋はこんな感じ(既に散らかっているがご容赦)
f:id:kailagi:20180403211953j:image


 当然この宿にも天然温泉が引かれており、24時間入れるのが良い。

 

 初日はこんな感じで終わり。

 

↓次回

kailagi.hatenablog.com